MMCJとは

ミュージック・マスター・コース・ジャパン(MMCJ)は、室内楽を中心に研鑽を積む国際教育音楽祭です。明日を担う若い音楽家を世界から招いて、密度の高い音楽創造の場を日本に作ろうと計画したのは、指揮者の大友直人とアラン・ギルバートでした。この構想が2001年結実し、現在は毎年6月から7月にかけて、歴史ある日本の港町、横浜で開催しています。

創立以来、既に延べ500人を越えるひとがここで学び、世界の舞台で活躍しています。受講生たちは3週間にわたり、世界的な講師とともに音楽漬けの生活を送りますが、先生と生徒の距離がこれほど近い講習会は類をみません。

そして演奏会は、一回限りの演奏にかける受講生と講師の熱気が舞台にのるすべての演奏者を活性化し、他では経験できないユニークな感動を聴くものに与えます。こうしてMMCJは音楽を通して世界に橋を架け、ひとびとをつないでいきます。

音楽を志す皆さん、この機会にMMCJへの参加を検討してみませんか。
音楽を愛する皆さん、ぜひMMCJのコンサートに足を運んでみてください。皆さまの声と支援が、MMCJの夏をより一層熱く、豊かにします。

創設音楽監督メッセージ

創設音楽監督 大友直人

ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン(MMCJ)へようこそ。
ヨーロッパを源流とするクラシック音楽も、今や世界共通の文化として、地球上のあらゆる地域で生活の一部にもなっています。MMCJは、世界の最前線で活躍している講師陣と世界各地から選ばれた受講生が、日本の横浜で互いに学びあい理解を深めながら、音楽家として社会人としてさらなる国際感覚を研き、それぞれの音楽の現場をより豊かにしていくことを目標にしています。

人間社会にとってかけがえのない素晴らしい音楽の世界を、さらに発展させるにはどうすればよいか。時代に即した音楽の継承と発展をMMCJは常に考え、実践しつづけています。音楽は音楽でしかありません。しかし音楽を通して人と人が理解を深め、結びつくことが、世界の平和にもつながることを私は信じています。それはまた、若き日に出会ったアラン・ギルバート氏をはじめMMCJすべての講師、スタッフの強い思いでもあるのです。

創立以来、すでに多くのOBOGたちが世界で活躍していることは頼もしい限りです。最近の混沌とした世界情勢を見るにつけ、音楽が持つ人々を結びつける力が今後ますます重要になっていくことでしょう。

創設音楽監督 アラン・ギルバート

MMCJをこれまで継続できたことを心から誇りに思っています。世界中から才能あるミュージシャンたちが横浜に集まり、ともに学び、音楽を創り、互いの文化理解を深めることが、これほど長く続くとは思ってもみませんでした。

MMCJはこれからもまた素晴らしい歴史を加えていくことでしょう。この音楽プログラムはその実現のために惜しみなく尽力してくださる人々があってこそ開催できるものです。それは講師陣であり、受講生たちであり、スタッフ、スポンサーの方々をはじめMMCJの発展を望んでくださるすべての皆様です。

今日、わたしたちはかつてない困難な世界に直面しています。文化、宗教、国の違いによって世界中の人々の間に分断が生まれ、本当のコミュニケーションや心のつながりを破壊しています。こうした不穏の時代において、音楽の力はこれまで以上に我々が共有する人間性を思い出させてくれるはずです。MMCJがこれからも継続し、そのささやかながら誠実な方法で、この世界をよりよい場所にするための前向きな貢献ができることを願っています。

開催記録

Coming Soon.

Page Top